[記事公開日]2016/04/28
[最終更新日]2016/05/10

アフィリエイト初心者に、教えてくれる人(メンター)は必要か不要か。あなたの性格はどちら。

副業としてアフィリエイトを思いついたあなた、どんな風にやっていますか。

昔と違ってアフィリエイト業界は大きく進んでします。

以前は「高額」で売られていた内容が無料で公開されています。

アフィリエイトをしようと思って誰にも習わず、何の教材も使わず稼げるようになる人たちは確かにいます。

でも、それとは逆に、長年アフィリエイトをやっているのに結果が出ずに、途中で諦めてしまう人たちもいます。

アフィリエイトを教えてくれる人(メンター)は必要か

これは必要な人もいれば、必要でない人もいます。情報商材もそうです。

同じものを買っても、結果が出る人、出ない人といます。

それはなぜでしょうか。

理由はその人の性格や、今までの環境によるものが大きいです。

アフィリエイトを教えてくれる人がいらない人の特徴

●ネット上にある情報を自分で取捨選択することができる人

●文章を読み込むチカラのある人

●人の話を素直に聞くが、自分の中で噛み砕いて消化することで、無駄なお金を使わない人

●ネットでの検索の仕方がうまくて、何でも自分でやろうとする意欲のある人

●人と関わるより、黙々と作業することがすき。単調作業が苦にならない。飽きずにひとつのことをやり続けることができる人

こんな方たちは、アフィリエイトの先生がいなくても、結果を出していくことが出来ます。

10年前なら難しかったかもしれませんが、ネット上の情報を自分で必要なものだけ整理して筋道立てて、考えていくこと、勉強したことをすぐに実践していくことで成功することが出来ます。

自分で必要なものを選択できる人は、たとえば、情報商材を1、2個買えばそれだけで稼ぐことが出来るようになります。なぜならその教科書の必要なところだけをピックアップして自分の中に落とし込んでいくことができるから。

学生時代、あなたの周りにもいませんでしたか?ろくに授業も聞いていない、勉強していないのに、テスト前にぱらぱらっと教科書をめくっただけで、成績の良い人。

私の友人がそうでした。普段遊びほうけているのに、ちょこっと参考書を読むだけですぐ理解するんです。

1を聞いて10を知るとはこのことだと思いました。本人は、それが当たり前なので「自分は普通の人間だし勉強しないし馬鹿だよ~」というのですが、明らかに人と視点が違うし、実際に情報処理能力がハンパないです。

アフィリエイトを教えてくれる人が必要な人

では逆にアフィリエイトの先生が必要なのはどういう人でしょうか。

●ネット上の情報が多すぎて混乱している人

●どの情報商材も良さそうで何を買っていいか分からない人

●実際に情報商材を買ったけど思ったような結果が出ない人

●アフィリエイトのやり方のページを見てもいまいちわからない人

●飽きっぽく、ひとつのことが続かない人

●ひとつひとつ、納得しないと進めない人

今はたくさんの有益な情報がネット上にある代わりに、詐欺まがいの情報も氾濫しています。

「○○アフィリがいい!」という人もいれば、「△△」アフィリが一番」という人もいます。

中には、とにかく自分が儲けることだけを考えて、読者にものさえ買ってもらえばいいという人もいます。本当に玉石混合なのが今の情報社会です。

その中で情報をうまく選択できない人は「情報弱者」として稼いでいるアフィリエイターのいいカモとなってしまいます。

実際に「これがいいよ!」といわれて情報商材を買ったけど稼げない場合、その情報商材が初心者向けではないのかもしれません。

私は「全くのゼロからの初心者でも大丈夫」という謳い文句の高額塾に入ったことがあります。

ふたを開けてみれば、とても初心者にはわからない内容でした。アフィリエイトをはじめた当初は「PV」と「UU」の違いもよくわからないくらいでした。

初心者にもいろいろなレベルがあって、成功者が考える「初心者」と私みたいな仕事でパソコンをいじったこともないような「初心者」では明らかに開きがあるのです。

当然ながら、アフィリエイトのやり方を説明している教材に出てくる単語の一つ一つが知らないことだらけ。それをその度に調べるのですから、内容を読むだけでもものすごく時間がかかります。

それから実行に移すのですから、時間が足りないのです。高額塾の場合、期間は3ヶ月から半年です。次々にやってくる課題をこなすこと自体が無理です。

また、アフィリエイトはなんだかんだいって、手を動かさないと始まりません。ある程度やり方を理解したらそれを実行に移していくだけなのですが、飽きちゃうんですよね。

アフィリエイトは基本的に一人でもくもくする孤独な作業です。やってもやらなくても誰も何にも言わないです。下手すると家族に「いつもパソコンばっかりして」と文句をいわれることもあります。

今日は疲れたからなあ、とかメンドクサイな、あのドラマの録画がたまっているな~と何かにつけてサボりがちになります。

仕事なら行かないとお給料が出ないし、まわりに迷惑がかかるのですが、アフィリエイトは最初のころは稼げないし、稼げなくても怒られないし、相当意思が強くないと続けることが難しい現実があります。

また、自分で調べながらやっていると結構わからない言葉が出てきます。

アフィリエイトという今まで学校で習ったことがあんまり関係ない分野なので、言葉一つ一つにひっかかります。

引っかかるのが多いと作業が全然進まなくてだんだん疲れてくるのです。特に最初は「調べる」こと自体に慣れていないのでうまく検索することが出来ない可能性もあります。

ツイッターカード利用

たとえばこんな風に自分のサイトをツイートした場合に、画像が出るようにする方法。

これって「ツイッターカード」というものを使うのですが、ツイッターカードという言葉自体を知らないので、調べるのにものすごく時間がかかります。

でも、先生に聞けば一瞬でわかりますよね。

そんな感じで、ほんとに何が何かさっぱりわからない、わからないことがわからないという人にはアフィリエイトを教えてくれる人がいると効率よく作業ができるのかなと思います。

まとめ

アフィリエイトを教えてくれる人が必要かどうかはその人の性格と環境によるでした。

私は非常に飽きっぽくて、何事も続かない性格なので、ネトレピのヒデアキさんに出会えたのは運命だと思っています(笑)

アフィリエイトを独学でしていたけど、ネット上の情報ばかり収集して、何をすればいいか定まらず結局時間だけ過ぎて全く稼げていなかったのを救ってくれたのはコンサル先生です。

アフィリエイトを教えてくれる人が必要と感じているならこちらの記事をどうぞ。先生の選び方のコツを書いています。誰に習うかは重要です。

アフィリエイトのコンサルは誰から受けるか。選び方のポイント

 

記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝えください

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ